塩田有紀です。
HPにようこそ!

copyright(c) 2006-2017 Yuki SHIOTA all rights reserved.

プロフィール


塩田有紀(しおた ゆき)

一級建築士(313818号)

福祉住環境コーディネーター2級(12-2-05705 号)

CASBEE(戸建)評価員( - 03266-15


経歴


1973 東京生まれ

1997 東京芸術大学大学院美術研究科建築専攻 修了

1997〜2000 (株)NTTファシリティーズ 勤務

2000〜2002  黒川哲郎+デザインリーグ 勤務

2004 塩田有紀建築設計事務所設立 現在に至る

2009〜 愛知産業大学 非常勤講師

2012〜 愛知淑徳大学・愛知工業大学 非常勤講師

2017〜 椙山女学園大学 非常勤講師


受賞歴(コンペ以外)


2012.11 日本建築学会東海賞 作品賞

2013.12 日本建築学会作品選集2014

2014.04  第17回木材活用コンクール 木質改修特別賞 木材活用特別賞

2016.01 第23回愛知まちなみ建築賞

2017.01 第48回中部建築賞 入賞



実績(1997〜2002:所属事務所における担当物件)

建築


アーバンエース宇治新田パル(1997)

甲子園サイクル会館(1999)

武蔵境駅北口自転車駐車場(2000)

I様邸新築工事(2001)

山国町立三郷小学校屋内運動場(2002)

有間川漁港休憩施設(2002)

A様邸新築工事(2002)

I様邸新築工事(2008) 

T様邸新築工事(2009)

O様邸新築工事(2011)

I様邸新築工事(2013)

O様邸新築工事(2015)

愛知産業大学工業高等学校伊勢山校舎新築工事(共同設計 2015)

N様邸新築工事(岡谷ホームズと協働 2016)

S様邸新築工事(2018)

K様邸新築工事(2019 予定)  他

           

改装・改修工事


ハロースポーツプラザ京都店改装(1999)

NTT淀川支店外壁改修(2000)

NTT宝塚寮外壁改修(1999)

T様邸改修工事(2001)

I様邸改装工事(2007)

Y様邸改装工事(2012)

T様邸改装工事(2017)    他多数


提案・コンペ等


第3回オホーツクまちなみ整備コンペティション 最優秀賞 (1995)

浪速区役所新庁舎設計コンペ(1998)

中里村新庁舎設計プロポーザル(2001)

直川小学校・中学校校舎建築設計コンペ(2001

立川市新市庁舎設計者選定競技(2005) 他


地区計画等


渋谷区神宮前二丁目地区計画プロポーザルの実施要件整理(2001)


掲載


『都市の無限』(雑誌Musee2004.11-12)内に作品紹介(2004)

『シティー・アート論』(若松久男氏 著)内に作品紹介(2010)

『リビング名古屋』(名古屋リビング新聞社)内にレクチャ紹介(2011)

『日本建築学会作品選集2014』内に作品紹介(2014)

『新建築 2017年4月号』に作品紹介(2017) 他


審査員等


2014〜2015 日本建築学会東海賞 審査委員

2015〜2016 デザイン女子No.1決定戦ネクストジェネレーションinTokai 講評

2015 デザイン女子No.1決定戦2015都市・建築審査部門 審査委員

2016〜2017 JIA東海学生卒業設計コンクール 審査員

2017 JIA東海建築設計競技 審査委員



レクチャその他


2011.12 住まいの学校 レクチャ(デザインの間)

2014.1   愛知淑徳大学 講演会

2015.11 椙山女学園大学 特別講義

2016.6〜 JIA(日本建築家協会)愛知 大学授業委員会 委員

2018.10 あいち木造ミーティング2018 パネラー

企業社内研修講師   他



所属


日本建築学会

愛知建築士会

日本建築家協会


その他


愛知県被災建築物応急危険度判定士

※災害時のボランティア活動を目的として登録しています。



プライベート

家族


夫・息子(2002年生)・娘(2005年生)・息子(2010年生)の5人家族


今、興味のあること


ピアノ(国立音大附属小卒)・映画鑑賞・読書・子どもと食する食べ物・議論のプロセス・今改めて、家づくり

■目指すもの


日常の光景に美しさを与え、時を重ねて味わい深くなる建築

クライアントの中に、敷地に、街並に、そして計画する建築に、思いがけない喜びや楽しさ、美しさの発見を目指す


■心がけていること


敷地やクライアントの価値観 等の与条件をまっすぐに見つめ、とにかく考え尽くすこと

クライアントに課題を共有いただけるようにわかりやすく具体的な表現をすること。


日々の生活においては、興味を持ったらまずやってみること。